【塾選び】子どもが多くて月謝が大変という場合にはどうすべきか

これは家庭教師をしているときの話なんですが。 「お兄ちゃんの授業の時間を少し減らして、妹の授業をしてくれないでしょうか?妹にも勉強させたいんですが、2人分の月謝を出すのは苦しくて」と言われたことがあります。   おそらくこの話は、そのご家庭だけの話ではないはずです。 たまたまおっしゃってくれたので知ることができましたけど。 声に出せないだけで、同じ悩みをもっている方はいらっしゃるはずです。 そんな方々でも、お子さんが塾を利用できるようにする方法をご紹介していきます。  

兄弟姉妹がいるご家庭が苦しいのは当然

そもそも兄弟姉妹がいるご家庭は、塾の授業料が苦しいのは当然です。 通常の授業料だけでも、中学生で月2,3万円、高校生で月3,4万円はかかります。 これに教材費。 模試代。 夏期講習など、長期休暇中の授業料などなどが加算されていきます。 全部あわせると、年に数十万、人によっては授業料が100万円を超える額になっていくわけです。   これを2人分以上というのは、あまりに大きすぎる額。 1世帯の平均年収が500万円超程度といわれている現在。 兄弟姉妹のいるご家庭では、苦しくて当然なんです。  

授業料の苦しいご家庭がすべきこと

では、そういったご家庭はどうしたらいいでしょうか。

塾を利用しない

まずは、そもそも塾の利用せずにいくという方法。 中学3年生や、高校3先生でなければこれでもいいと思います。 特に、小学生の場合、この記事でも書いた通り、親御さんが一緒に楽しく勉強してあげるだけでも違います。 ⇒勉強好きな子どもにするオススメの方法をご紹介(小学生限定)   ただ、受験期の場合は、塾を利用している方が無難でしょう。 特に、良い学校に通わせたい場合には、こちらに書いた通り、中高一貫校の存在もあり、塾の利用は必須になってきています。 ⇒そもそも塾は必要か?   また、親御さんの負担が大きいということも覚悟してください。 2学年以上の勉強についていくだけの勉強量が必要だったり。 2人以上が、勉強に対するモチベーション維持できるように接しないといけないわけですから。  

割引制度のあるの塾

次に、兄弟姉妹が通っている場合、割引制度のある塾を探すという方法。 実は、これは結構あるんです。 上手に利用できたなら、かなりの節約を達成できます。   ただし、あまり安易に飛びつくのオススメしません。 だいたいのところが20%オフぐらいなんです。 良くて50%オフぐらい。 もし、50%オフになったとしても、子どもが2人の場合でも、授業料は1人の1.5倍になってしまいます。 そのため、年間100万円超ぐらいになってしまうことも。 これなら出せると思った思った人以外は、慎重な判断が必要になってきます。   中には全額無料のところもあるようですが。 かなり数は少なくて、多くの人は利用できないでしょうね。 逆に、もし利用できる範囲に住んでいらっしゃるなら、積極的に利用するのも手です。  

インターネット塾

最後に、インターネット塾の利用。 インターネットで授業をみるインターネット塾の場合、兄弟姉妹で見ることができますから、1つの契約分の授業料だけで足ります。 これもオススメです。   同じ学年じゃないから意味がないと思うかもしれません。 しかし、例えば「e点ネット塾」だと、授業を受けることができる区分は、小学生、中学生、高校生というくくりになっているだけです。 なので、例えば中学1年生と中学3年生のお子さんがいる場合には、中学生で申し込んでおけば、1人分の授業料で足りるわけです。   しかも、小学生&中学生講座といった便利な講座もありますし。 これなら、小学5年生と中学2年生のお子さんがいる場合でも安心です。   なにより授業料が安いですから。 有名塾の講師だった方の授業が聞けるのに、その価格は。 小学生コースなら月額3000円。 小学生&中学生&高校生と、全部が受けられるフルコースでも、月額7000円です。 これは、かなりお得です。  

終わりに

世帯年収が年々減少している現在、やっぱり子供の教育費は、結構な負担になりますね。 でも、子どもの将来のために、教育しないわけにもいきません。 ですので、上に書いたような方法で、賢く教育していってあげましょう。 一昔前と違って、みんながみんな通学の塾に通うという時代は終わり、それぞれのライフスタイルにあった選択をする時代ですから。 以上、子どもが多くて、月謝が苦しい場合にどうすればいいかについてでした。  

関連記事

ネットが苦手な方以外に、インターネット塾をオススメする5つの理由と注意点勉強好きな子どもにするオススメの方法をご紹介(小学生限定)無駄の多い転塾だが、それでも考えた方がいい5つの場合